iPhone 7は「薄さ追求」に回帰?6mmの最薄スマホになるかも

201509062129

巷でiPhoneといえば、9日に発表されるiPhone 6s/6s Plusの話題で持ちきりですが、一部ではすでにその次期モデル、「iPhone 7」についての予想・噂がでてきているようです。

その一つがこのiPhone 7の厚みについて。

Apple InsiderがKGIセキュリティーズのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏の予想を伝えたもの。

これによると、2016年に発売される「iPhone 7」は薄さが6~6.5mm程度となり、世界最薄のスマートフォンになる可能性が高いとのこと。

iPhone 6の厚みが6.9mm、iPhone 6sが若干厚くなり7.1mm程度と言われているので、これらに比べるとかなり薄型化が進むことになりますね。

これはあくまで「予想」であり、具体的なソースがあるわけではないようです。

ただ、同氏は過去にも未発表・未発売iPhoneについて複数の予想を的中させてきており、そういった意味で信ぴょう性はそこそこ高いと思われます。

まあ、現在、ほとんどのユーザーは薄さに魅力を感じていないようなので、正直、「で?」といった感じもします。

むしろ、各スマホメーカーのバッテリー容量を犠牲にした薄型化競争にはウンザリしているユーザーも多いのではないでしょうか。