iPhone 7、背面の「出っ張りカメラ」は継承の模様。「実機」の画像がリーク

201605230851

秋に発売予定の新型iPhone、「iPhone 7」。

この「実機」とされる端末の背面が画像がリークされていました。

噂通り裏面のボーダー上のアンテナ部分は無くなっていますが、その他、iPhone 6や6sと比較して異なるのは、iPhone 7ではカメラ・レンズ自体がかなり大きくなっているという点。

そして、レンズの位置もiPhone 6/6sと比べて端末のエッジ部分(左上角)に寄っています

一方、前モデルから「変わらない」点として気になるのはカメラレンズ部分が裏面ボディから出っ張っているという点。

この出っ張りはボディの薄型化によるものだと言われており、iPhone 6から続くデザイン面で評判の悪い部分。

以前、iPhone 7ではこの「出っ張りカメラ」がなくなりフラットになるという噂が出ていましたが、今回の情報を見る限りそれはなさそうですね。