iPhone 7向けチップ、TSMCが独占供給。A9の二の舞、サムスン製とのバッテリー持ち問題を避けるため?

201602102113

今年の秋に発売される見込みのiPhone 7。

この新型機種に搭載される予定のアップルの最新CPUチップ、A10について新情報が明らかになりました。

MacRumorsが伝えたもので、iPhone 7向けのA10チップは台湾のチップメーカー、TSMCが独占的に生産を担当するとのこと。

同チップは6月よりTSMCの10nm技術で生産が開始されるとのことです。

なお、サムスンではなくTSMCが選ばれた理由としては、10nm製造技術だけでなく、バッテリー消費面でTSMC製の方が優れていることが可能性としてある模様。

TSMCとSamsung製チップと言えば昨年発売されたiPhone 6s/6s Plusに搭載のA9チップの騒ぎを覚えている方も多いのではないでしょうか?

このA9チップはサムスンとTSMCがほぼ半分ずつ供給。

しかし、多くのサイトやユーザーよりサムスン製A9はTSMC製よりも発熱が多く、バッテリー消費が激しいという指摘があり、かなり大きな騒ぎになりました。

結局、アップルが公式な見解として、両者の間でバッテリー消費には2~3%の違いしかないという調査結果を発表しなんとか騒ぎは収まりましたが、アップルにとっては予想外の「騒動」だったのかもしれません。

こういった無用な騒ぎを防止する意味でも供給元を1メーカーに絞ったのかもしれませんね。

一方、iPhone 6/6 Plus向けのA8チップについては事前情報ではTSMCからのみ供給されるとのことでしたが、実際にはサムスンも一部を供給していたという報道もあります。

なので今回のiPhone 7向けチップについても発売まではどうなるか分かりません。