iPhone 6s/6s Plusの指紋認証、再登録せず「鍛錬」して認識率をアップする方法

201509271040

先日発売されたiPhone 6sとiPhone 6s Plus。

前モデルからの進化点としては、Touch IDが1世代アップし、これにより指紋認証が劇的に速くなったと評判です。

それでも指紋の薄い方や乾燥肌の方など、個人差によっては認識されづらいというユーザーもいるようです。

一般的に指紋認証がされにくい場合、指紋の再登録や複数の指を登録するという方法が推奨されていますが、これ以外にも意外としられていないTouch IDの認識率アップ方法があるようです。

この方法、指紋を新たに登録したら再登録するのではなく、すでに登録されている指紋にさらに情報を加える、というもの。

まあ、いうなればTouch IDを「鍛える」というもの。

「Touch ID」を「鍛錬」そて認識率を上げる方法:

1. 「設定」→「一般」→「Touch IDとパスコード」→パスコードを入力→「Touch ID」の設定画面を開く
2. すでに登録してある指でホームボタンにタッチすると、その指が登録してある枠が一瞬「グレー」に変わります。
3.一旦 指を離し、今度は少し指をずらして、同じ枠がグレーに光るようにホームボタンにタッチします。
4. 「3」の手順を少しずつ指をずらしたりして数回繰り返します。

もちろん、これはiPhone 5sや6、6 Plusでも可能ですので、最近指紋認証の反応が悪いなあ、なんて感じている方。再登録をするまえに一度、この「再鍛錬」をお試しください。