アップル、サムスンへのiPhone 6s用A9チップの発注を減らす模様。バッテリー・発熱問題の影響?

201510141308

iPhone 6s/6s Plusにサムスン製とTSMC製の異なるA9チップが使われていることはすでにご存知の方も多いと思います。

両者の間にバッテリー持ち・発熱に大きな差があるとの報告、そしてアップルによる反論で「Chipgate」と騒がれましたが、一応、こちらの複数テストの結果で一件落着となっています。

ただ、アップルは今後、iPhone 6s/6s Plus向けA9チップ製造でサムスンへの発注量を減らし、TSMCへの発注を増やす、という新たな情報が浮上しました。

EMSOneが伝えたもので、また、16年モデルのiPhone 7に搭載する次世代「A10」に関してはサムスンへの発注はなし、台湾TSMC(台積電)が生産を独占する可能性が高くなったとのことです。

まだ確定事項ではないようですし、例の「Chipgate」とは全くの無関係の可能性も十分にあります。

が、タイミングがタイミングだけに色んな憶測を呼びそうですね。