iPhone 6s/6s Plusに搭載のForce Touch、具体的な使い方は?

201508271951

9月発売のiPhone 6s/6s Plus。

この新型iPhone一番の目玉新機能はなんといってもForce Touchと呼ばれる感圧式のディスプレイですが、先日、iOS 9のソースコード内にこのフォースタッチ関連のコードがあることが判明
これにより、iPhone 6s/6s PlusにForce Touch機能が搭載されることが確定したといって良いと思います。

さて、すでにApple Watchには搭載されているこのフォースタッチですが、実際にはまだ使ったことがない、という方のほうが圧倒的に多いと思われます。

よって、「押す力によって異なる操作が可能」というところまでは分かっていても、実際にどういった使い方ができるのか、という点についてはピンと来ない方も多いのではないでしょうか?

そんなわけで、今回は実際にiPhone 6s/6s Plusにフォースタッチが搭載されると、実使用でどういったことが可能になるのかの例を挙げてみたいと思います。

マップアプリ:
特定の位置をフォースタッチすることで、ワンタッチでナビゲーションを開始可能

ミュージックアプリ:
トラック(曲)をフォースタッチすることで、プレイリストに追加するなどのオプションを表示

Safari: 
リンクをフォースタッチすると、リンク先ページのプレビューが表示。住所をフォースタッチするとマップが、電話番号をフォースタッチすると連絡先カードが表示。
単語をフォースタッチするとその言葉の定義が表示。

ホーム画面:
アプリのアイコンをフォースタッチすることで、アプリ内の特定スクリーンに直接移動。
例えば、Newsアプリで「お気に入り」を直接開くなど

もちろん、この他にも使い道は多数あり、アプリによってもこのフォースタッチを使ったそれぞれの操作方法が出てくるはずです。

長押しとの区別など、最初は若干操作に戸惑うこともありそうですが、慣れれば各操作が何ステップか減るので、かなり便利になることは間違いなさそうですね。