スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

次期iPhoneではiPhone 6/6 Plusの醜い「アノ」部分がなくなるかも。電波を通す新金属素材を開発

   


201506201130
iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 6/6 Plusの背面にある帯状のプラスチック部分。

このプラスチック樹脂の部分は通称「Dライン」と呼ばれ、アンテナの役割を果たしています。

この部分を金属素材で覆わず樹脂製のラインを引くことで、電波の通り道となる、ということですね。
つまり、これがないと電波の受信に障害が出るようで、そういった意味で非常に重要な部分です。

一方で、このプラスチック部分は多くのiPhoneユーザーには不評で、特にiPhone 6/6 Plusの裏面の2本線は発売直後から相当不満の声が挙がっていました。


ただ、このiPhoneのデザイン面での「最も醜い部分」が近い将来、克服されるかもしれません。

BUSINESS INSIDERが伝えたもので、アップルはこの度、新しいタイプの金属素材についての特許を申請。

この新素材、見た目はiPhoneのボディーに使われているアルマイト加工のアルミと同じながら、電波を問題なく通すとのこと。

つまり、この素材を使えば端末裏面で異なる2つの素材を使いながらも、見た目的には一色でフラットになる、ということですね。

まだ特許を申請したばかりなので、iPhone 6sや6s Plusでの実用化はないと思われますが、早ければ来年のiPhone 7あたりでは裏面がスッキリとした美しいiPhoneがリリースされるかもしれません。

 - iPhone, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone 6s/iPhone 7, アイフォン6c, スマートフォン