iPhoneのバッテリーが突然減る?電源が落ちる?バッテリー表示不具合が原因か。対処法アリ

201601171043

アップルの最新モデル、iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusでバッテリー周りの不具合が確認されたようです。

具体的には、バッテリーの残量表示が更新されず、正確なバッテリー残量が表示されないというもの。

アップルが公式ページでこの問題を確認し、一時的な対処法も掲載されています。

201601171030

iPhone 6s/6s Plusでバッテリー残量表示が更新されない場合の直し方:

1.iPhoneを一度再起動する
電源ボタン長押しで電源をオフにし、再度電源を入れる

2. 時間の自動設定を確認
「設定」アプリ→「一般 」→「 日付と時刻」→「自動設定」が有効化されているか確認

この問題、タイムゾーンや時間を手動で変更するユーザーに多く見られるようですが、自動設定の場合でも発生例がある模様。

確かに、iOS 9のリリース前後、つまりiPhone 6s/6s Plusの発売前後から複数のユーザーよりバッテリーが突然減る、という報告が挙がっていたので、ひょっとするとこの問題が該当するのかもしれませんね。

また、電池残量があるのにもかかわらず突然電源が落ちる、という症状もこれが原因である可能性があります。

なお、アップルは既にこの問題を確認済みで、現在詳細な原因を調査しているとのことなので、おそらくiOS 9.2.1、あるいは9.3へのアップデートで改善されると思われます。