iPhone 6s/6S Plus、あの「ライン」が若干ダサくなってる?iPhone 6/6 Plusとのデザイン比較

201509091949

本日、公式に発表されたiPhone 6sとiPhone 6s Plus。

RAMの容量やバッテリーサイズなど、アップルが公表しておらず不確定なスペック情報もありますが、それ以外はほぼ事前リーク情報どおりでしたね。

そんなiPhone 6s/6S Plus、サイズがほんの少しアップした以外、外観的にはほぼ6/6 Plusからの変化はないと言われています。

そんな中、先ほど公式ページに掲載されていたiPhone 6sと6の2機種をボーっと見比べていたところ、「なんか雰囲気が違うなあ」と気になり始めた私。

よーく見たら、なんとなく理由が判明しました。

以下がiPhone 6(上)とiPhone 6s(下)の裏面画像を比べたもの

201509091939

201509091940

通称Dラインと呼ばれるラインの位置がiPhone 6s/6s Plusのもののほうが若干内側に位置しており、全体のデザインに異なる印象を与えているような気がします。
(私だけかもしれませんが)

また、これは光の加減かもしれませんが、ラインの色もiPhone 6/6 Plusより濃くなっているようにも見えます。

ちなみに、ここではシルバーのみを比較していますが、ゴールドやスペースグレーでも同様の違いが確認できます。

このラインはiPhone 6/6 Plus発表の際もかなりダサいと不評を買ったのですが、今回、ラインがより内側に行くことでさらに目立つようになった気がするのですが、どうでしょうか。

単に撮影した角度の違いなどの可能性もありますが、iPhone 6s、6s Plusの両方、されにシルバーとスペースグレーの両色で同じようになっているという点から、やはり若干線が内側にズレ多様な気がします。