iPhone 6sのカメラ、12MPで4K動画対応が確定。Foxconn内部資料が流出

201507021100
今年秋に発売予定のiPhone 6s。

徐々に信ぴょう性の高いリーク情報が増えていますが、こんどはカメラ機能についてかなり有力な新情報が浮上しました。

phoneArenaがiPhoneの最大サプライヤーであるFoxconnの内部資料をソースに伝えたもので、これによると、iPhone 6sのカメラは解像度が12MP、そして4K動画撮影に対応するとのことです。

iPhoneのメインカメラは4s以来、ずっと8MPで据え置きとなっていましたが、とうとうこの6sでグレードアップされることが確定したといった良いと思います。

もちろん、高解像度=高画質とは限りませんが、少なくともiPhone 6からスペック面で様々な向上が見られそうです。

ただ、4K動画については多くのAndroid機種ですでに実装されている一方で、発熱により長時間の撮影ができず、事実上、実用性が低いという難点もあります。

アップルがこの問題にどう対処するのかが非常に気になるところですね。