iPhone 6sのチップによるバッテリー・発熱差問題に終止符。コンシューマー・レポートが結論

201510191059

iPhone 6s/6s Plusで騒がれている異なるCPUチップによる性能差の問題。

具体的にはサムスン製チップとTSMCチップの間でバッテリー持ちおよび発熱の度合いに差があるという指摘が挙がり、大きな問題となりました。

この通称「Chipgate」問題、一時よりは沈静化しているものの、台湾政府が介入する事態にまで発展するなど、まだ完全な収束には至っていません。

ただ、この「どっちのCPUが良い?」という議論については、一つの新レポートによってようやく終止符が打たれそうです。

米国の非営利消費者組織であるコンシューマーズ・ユニオンが運営する月刊誌で、コンシューマーレポートが行った調査で明らかになったもの。

同誌は外の電波などから完全に隔離された実験用の部屋でサムスン製チップとTSMC製チップを搭載したiPhone 6sのバッテリー持ち及び発熱を比較。

201510191100

両者の設定なども完全に同一にした上で、仮想セルラーネットワーク環境下で一定の通信をし続けた場合や、複数の有名サイトを連続ブラウジングするなどといったテストを実施。

その結果、様々なテストを行っても両者のバッテリー持ちの違いは2-3%だったとのことです。

すべてのテスト方法や具体的なデータが公表されているわけではありませんが、コンシューマー・レポートはレポートの独立性・公平性を維持するために、一般企業による広告を掲載することは一切なし。さらに記事を広告目的に使用することすら一切認めていないといった徹底ぶりで知られています。

よって、調査の「公平性」という点では今までで信頼できる結果ではないでしょうか。