iPhone 6s/6s Plusnのスペック・外観・値段・発売時期について分かっている情報・噂のまとめ

201507151318

今年の秋にリリースされる予定の次期iPhone、「iPhone 6s」と「iPhone6s Plus」。

正式な情報はまだ皆無なので、そのモデル名すら確定しているわけではありませんが、徐々に信憑性の高いリーク情報が増えて生きているのも事実。

iPhone 5や5sなどの旧機種を使っている方の中にはすでに乗り換えを検討し、これら2モデルの詳細情報が気になってきている方も多いのではないでしょうか?

というわけで、今回はこのiPhone 6s/6s Plusについての最新情報で信憑性が高いと思われる情報をまとめてみました。

iPhone 6s/6s Plusのデザイン・外観

201507151313

iPhone 6s/6sのデザインはiPhone 6/6 Plusと同じデザインコンセプトが採用され、外見的には非常に似たものになると言われています。

ただ、サイズについては若干の変更があり、iPhone 6sでは138 x 67 x 7.1mmと、縦横はほぼiPhone 6と同じですが、厚みが若干増すと言われています。

これはフォースタッチ搭載に伴うディスプレイ部分の厚み増加によるものとの推測が大勢となっています。

また、カラーバリエーションについては現在のiPhone 6のラインナップに加え、ローズゴールド(ピンク)が追加される可能性が高い模様。

なお、一部ではアンテナの役割をしている背面のボーダーがなくなるという噂もありますが、今のところ、これについての信ぴょう性はかなり低いと思われます。

iPhone 6s/6s Plusのスペック・新機能・性能面など

201507151343

フォースタッチ機能

Apple Watchで初搭載されたフォースタッチ。
要は、押す強さによって様々な操作が可能になるという結構便利な機能です。

これについては様々なリーク情報から総合的に判断してほぼ確実だと思われます。

LTE通信スピードアップ

iPhone 6sにはQualcomm社の”MDM9635M”という新チップが搭載される模様です。
このチップ、理論上はLTE通信のスピードが既存iPhoneの150Mbpsから300Mbpsへと2倍になるとのこと。

もちろん、実際の通信速度はキャリア回線などによるので、実測で300Mbpsが実現できるわけではなさそうですが、それでも体感通信速でかなりの向上が期待できそうです。Qualcomm’s MDM9635M

カメラが12MPに

iPhone 6s/6s Plusではカメラの性能が大幅に向上すると言われています。

中でも、メインカメラについては解像度が従来の8MPから12MPにアップする可能性が濃厚。
また、動画についても4K動画撮影に対応すると言われています。

もちろん、高解像度=高画質ではありませんが、iPhone 4sからiPhone 6まで、4世代にわたって8MPで据え置きだったカメラが大きく変わりそうですね。

RAM(メモリ)が2GBに

iPhone 6s/6s Plusでは、今度こそ本当にRAMが2GB搭載されそうです。(iPhone 6/6 Plusでも2GB RAM搭載の噂はありましたが、結局実現せず)

ハイエンドのアンドロイド機種では3GBや4GBのRAM搭載が標準化してきている一方、iPhoneのメモリはiPhone 5以来、ずっと1GBのままでした。

バッテリー消費との兼ね合いなど、色々と事情があるのだとは思いますが、この時代遅れなRAMの小ささが多くのiPhoneユーザーにとって不満点だったことも事実。
また、iOS 8以降のiPhoneではメモリ不足が原因と思われる動作のもたつきやアプリ落ち、再起動問題なども多発しています。

もちろん、確定事項ではありませんが、実際に使用を考えて、これは結構マストな条件のような気がします。

ROM(ストレージ容量)の底上げ

iPhone 6/6 Plusのストレージ容量は、16GB、64GB、128GBというラインナップ。
なぜ32GBがないの?と、これについては首を傾げたユーザーも多いようですね。

一方、今のところ、iPhone 6s/6s Plusではエントリーモデルのストレージ容量は32GBになるの見方が大勢です。
(一部では256GBモデルが出るとの噂もありますが、信ぴょう性はかなり低いです)

ただ、一部ではAppleはクラウドサービスの使用促進のため、あえて低容量モデルを残しているという見方もあるので、16GBモデル継続の可能性が消えたわけではなさそうです。

iPhone 6s/6s Plusの発売時期・価格など

発表日・発売日

iPhone 6s/6s Plusは今月前半にもすでに量産体制に入ったという噂もあります。

一方、iPhoneの最大のサプライヤー、Foxconnからのリーク情報によると、これらの発表は9月11日、発売開始日は9月18日になるとのことです。

ただ、これについては仮に正しいものであったとしてもあくまで予定。

サプライヤーからの部品調達や組み立て過程に問題が発生すれば発売開始が遅れるということも十分にあると思います。

一方、前倒しされる可能性については過去の例から言ってあまり高くありません。

よって、現時点での発売日は「9月18日以降」と思っておくのが安全だと思います。

価格

これはiPhoneに限ったことではありませんが、残念ながら新モデルが旧モデルよりも安くなる、ということはまずあり得ないと思います。

よって、焦点は価格が据え置きか、値上げか、そして値上げならばどれほどの値上げ幅か、という点になると思います。

日本での価格はおろか、本家米国でのドル価格すらまったくといっていいほど情報がないので、なんとも言えませんが、こちらの情報によると、少なくとも中国での価格はiPhone 6/6 Plusから据え置きになる模様。

よって、今のところ、12月のアップル製品全般の値上げ以来、急激な円安も進んでいないので、価格はほぼ据え置き、値上げがあったとしてもiPhone 5s→iPhone 6の時のような大きな値上げはないと思われます。

以上、現時点で分かっているiPhone 6s/6s Plus関連情報をまとめてみました。

ただ、ここに掲載した情報は個人的に信憑性が高いと思われるものを選んでいますが、あくまで主観的に判断したものです。

よって、どれも公式な情報ではなく、間違いである可能性は十分にることはご了承ください。

また、なにか新情報が浮上し次第、常時アップデートしてきます。