iPhone 6sとiPhone 6s Plusの電源落ち不具合、ほぼ半数の個体て発生か?iOS 9.0.x起因の可能性も

201510030707

iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusで発生している電源周りの不具合。

具体的には、電源が勝手に落ちて、ホームボタンと電源ボタンの長押しをしないと復帰しない、という症状で、スリープ中に発生するケースが多いようですね。

また、この電源落ちが発生する際は必ずと言っていいほホームボタン付近が異常な発熱をしている、というのも一つの特徴。

この不具合、ここ数日で複数のメディアも取り上げ始め、かなり「有名」な問題となっていますね。

そんな中、MacRumorsでこの事象の発生有無についてのアンケート調査が行われていました。

201510030702

ご覧のように、iPhone 6s/6s Plusで電源落ち不具合が発生「する」と回答したユーザーは約半数に上り、個体差とは言えないレベルの発生確率であることがうかがえます。

もちろん、問題を抱えているユーザーほどこういったフォラムに行き着く可能性が高いので、統計結果には若干のバイアスがかかっているのは確かだと思います。

ただ、このアンケートに答えるためにはアカウント登録が必要なので、面白半分で回答するユーザーは比較的少ないと思れます。

よって、若干のバイアスはあっても、酷く偏っているとは考えにくいです。

そういった意味でもこの症状、かなり発生範囲が広い可能性が高く、早急な原因の解明と対処法が必要ですね。

ちなみにこの症状、機内モードをオンにしていたり、アラームにApple Musicからダウンロードしていた曲を設定していると症状が起きやすい、といった指摘もされていますがまだはっきりとした原因は不明です。

また、iOS 9、9.0.1、9.0.2を搭載した旧モデルのiPhoneでも類似症状が報告されており、iOS起因である可能性もあります。