iPhone6s/6s Plusの感圧タッチは3段階のタッチ強度を識別する「3Dタッチ」に

201509052133

iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusにz感圧式のディスプレイが搭載されることはほとんどの方がご存知だとは思います。

ただ、この新型iPhone搭載される感圧タッチは、Apple Watchなどにすでに搭載されている「フォースタッチ」とはことなり、「3Dタッチディスプレイ」というものになるそうです。

9TO5Macが伝えたもので、この「3Dタッチディスプレイ」、タップ(触る)、プレス(押す)、ディーププレス(強く押す)という3段階のタッチ強度を識別可能だとのこと。

つまり、現在のApple Watchに搭載されているフォースタッチがさらに進化した感圧式ディスプレイを搭載する、ということのようですね。

具体的にどういった使い方ができるのかはまだ良くわかっていませんが、この3段階の新しい操作方法が加わったことにより、プレスとディーププレスを活かしたゲームアプリなども登場するかもしれないですね。