iPhone 6s/6s Plusの3Dタッチは大失敗?使用しているのはわずか1/3。日常使用は14%程度

201511061229

iPhone 6s/6s Plusの注目の新機能と言えばなんといっても押す強さによって異なる「3Dタッチ」ではないでしょうか?

ところがこの3Dタッチ機能、思いのほかユーザーへの浸透率は低いようです。

phoneArenaが「iPhone 6s/6s Plusでどの程度の頻度で3D Touchを使いますか?」という質問アンケートを実施したところ、以下の様な結果に:

201511061225

ご覧のように、「しょっちゅう使っている」と回答したのはわずか14%あまり。

“every now and then”は「ときどき」という訳になるので、これは「日常的」とは言えないと思います。

よって、3Dタッチを日常使用しているユーザーは全体の14%程度、時々使うというユーザーを含めても1/3ということになります。

真剣に回答していない人も多そうなので「ふーん」ぐらいに受け取った方が良さそうですが、もし本当に全体の1割強しか「常用」していないのであれば、これはかなり失敗の部類に入る新機能と言わざる得ません。

ただまあ、iPhone 6s/6s Plusが発売されてまだ1ヶ月ちょっと。

これから対応アプリが増え、ユーザーもその便利さに気づけば徐々に普及していくような気もします。