スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

iPhoneのバッテリー残量アリ電源落ち不具合、iOS 10.2.1で80%が改善-アップル

   


201702240923

iOS 10のアップデート提供前後から大量に発生しているバッテリー残量があるのにもかかわらず電源が落ちるという不具合。

当サイトでも幾度となく取り上げてきましたが、原因はバッテリーの劣化から気温、バッテリー欠陥、OSのバグなど、はっきりとしたことは分かりません。

一方、以前、最新のiOS 10.2.1アプデ後は一連のバッテリー周りの問題がやや改善したとお伝えしましたが、これをある意味裏付けるアップルからのコメントがありました。

Techchurchからの問い合わせに対しての返答コメントで明らかになったもの。

201702240917


要約すると、一部のiPhoneユーザーで発生していた電源が落ちるという問題はiOS 10.2.1へのアップデートによりiPhone 6sで80%、iPhone 6で70%減少したとのこと。

また、今回のアップデートではたとえ電源落ちが発生した場合でも、充電器に繋ぐことなく再起動が可能になるように改善をしたとのことです。

正直、ネット上の報告をみていると7割~8割も報告が減ったかと言われると疑問ですが、おそらくバッテリーの劣化など、他の要因もあるのでしょうね。

70~80%の問題減少が事実ならばiOS 10.2.1はこれだけでもかなり意味のあるアップデートということになります、が、それでもまだ20%~30%のユーザーは依然としてこの電源落ち問題に悩んでいる、ということになります。

アップルにはこの2~3割のマイノリティーも無視せずに原因究明・問題解決に向けて努力を続けて欲しいところです。

ソース

 - iOS 10.2.1, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, バッテリー異常消費, 不具合, 勝手に再起動・電源落ち, 改善方法・対処法・直し方, 新型iPhone・次期iPhone, 落ちる・強制終了, 電源が入らない