iOS 9以降のiPhone、非正規店での修理は要注意かも。「エラー53」で永久文鎮化の恐れ

201602051800

iPhoneが破損した際、比較的安く修理をしてくれる「非正規店」。

iOS 9以降、こういった非正規店でのiPhoneの修理にかなりリスクが伴うようになったようです。

The Gurdianが伝えたもので、iOS9以降、「非正規店」で修理をされたiPhoneで「エラー53」というエラーコードが表示され突然文鎮化するという報告が相次いでいる模様。

非正規店での修理はもともと自己責任とも言えますが、厄介なのはiOS 8以前では特に問題なく動作をしていても、iOS 9にアップデートした途端に文鎮化する、という点。

アップルもこの件については認識しており、理由については「Touch IDのセキュリティーのため」とのこと。

201602051753

かなり端折ると、アップルの正規修理では、Touch IDに影響を与えるコンポーネントを弄る際は指紋認証データとTouch IDのペアリングを「再確証」をするとのこと。

そしてこの再確証がされないと「エラー53」が発生する、ということのようです。

つまり、Touch IDなどの部品を交換した場合にかぎらず、Touch ID関連の部位を弄ると、何らかの再認証が必要になり、非正規店ではこれができないためアウト!ということでしょうか。

どちらにしてもアップルが意図的にiOS 9で何らかの変更を加えたことは確実なようなので、iOS 8以前をお使いの方で、非正規店で修理をしたiPhoneを使っている場合は要注意ですね。