iPhone Xの人気とiPhone 8/8 Plusの不人気ぶりが一目瞭然なグラフ、iPhone X購入者の半分はiPhone 7/iPhone 7 Plusからの乗り換え

先週発売されたアップルの最新スマホ、iPhone X。

この新型iPhoneの売れ行きについて興味深い数値がでていました。

以下はiPhone 6を基準の「1」として発売後4日間の数値をグラフにしたもの。

201711062236

iPhone Xは1.25と、過去最高のiPhone 6を25%上回るペースで売れていることになります。

ただ、年代ごとのモデルで見るとちょっと様子が違います。

iPhone 8は0.17とiPhone 6の1/6ほど。iPhone 8 PlusもiPhone 6 Plusと比べて半分以下の売上となっています。

結果、2018年版iPhoneであるiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xのすべての数値を足してもiPhone 6+iPhone 6 Plusにはおよびません。

また、これよりも個人的に非常に興味深い感じたのはiPhone Xの購入者が購入前に使用していた機種のグラフ。

201711062241

はっきりとした数値までは分かりませんが、目盛りからするとiPhone 7からの乗り換えが18%くらい、iPhone 7 Plusからの乗り換えが33%前後となっており、iPhone Xの購入者の約半分がiPhone 7/7 Plusから買い替えユーザー、ということになります。

スマートフォンの乗り換え周期は平均2年ほどと言われていますが、iPhone Xの購入者の大半が1年前後で新しいiPhoneに乗り換えている、ということになります。

製品の寿命を問わず新しい製品が出たら買う、というのはファンの典型的な行動。

よって、iPhone Xがいかにアップル/iPhoneファンに人気があるのかを物語るグラフではないでしょうか。

もちろん、ファンほど早く新製品をゲットする傾向は確実にあると思うので、今後、「普通のユーザー」、つまりiPhone 6s/6s Plus以前のモデルからの乗り換え率も増えてはくるとは思います。

ただ、それを勘案してもiPhone XというのはちょっとiPhoneの中でも異色の存在と言えそうですね。

ソース

iPhone Xの評価、フリーズ不具合が多発中の模様、一部で完全文鎮化の報告も