スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

iPhone XのフェイスIDは「最悪」?ロック解除で1日2分を時間を無駄に

   


201709122250

本日未明に公式発表された2,018年版iPhoneの3モデル。

この上位機種となるiPhone X。過去モデルおよび今回の他の2モデルとの大きな違いはそのロック解除方法。

従来のホームボタン+指紋認証センサー、つまりTouch IDに代わりフロントカメラでの顔認証システム、Face IDが新搭載されています。

このFace ID、発表会でのデモを見る限り、安全性という面ではTouch IDよりも高いようですが実使用における使い勝手という点では不安点もあるようです。

ars technicaがつたえたもの:

Face ID is still going to suck. This is not the first phone we’ve tried with a facial recognition feature, and they all have the same problem. It doesn’t matter how fast or accurate Face ID is, the problem is the ergonomics: you need to aim it at your face. This is slow and awkward, especially when compared to a fingerprint reader, which doesn’t have to be aimed at anything.

要は「Face IDがどれだけ優れたものであっとしても顔を向けなければいけないという時点で人間工学的に問題」ということ。

例えば、Touch ID搭載のiPhoneならポケットから出す際に慣れた人ならば端末を持ち上げる動作をしながらホームボタンを押しながら指紋認証を行なうとこと。
つまり、ほとんど無意識にワンステップで端末をアンロックできるということですね。

一方、iPhone Xではポケットから出し、端末を目の前に持ってきてから画面をスワイプ、そして顔認証を行なうという面倒なステップを踏む必要があるようです。

また、両者のこの一連の動作にかかる時間には1秒~2秒ほどの差があるとのこと。

たかが1~2秒、されど1~2秒。指紋認証を日常的に使っている方だと分かると思うのですが、実際、ロック解除の度に1~2秒のラグがあると結構ストレスです。

ちなみに同記事によると、平均的なiPhoneユーザーは1日80回ほど端末のロック解除をするようです。

1日80回このFace IDを使って顔認証を行った場合、Touch IDと比べて80~160秒ほど時間を無駄にする、ということになります。

これを1日2分だとして365日だと、、、なんと年間730分、つまり約12時間をスマホのロック解除で無駄にする計算になりますね。(←大げさ)

くだらない計算は置いておくとして、ars technicaのレビュは基本的に偏った意見が少なくニュートラルなものが多いので、今回のように発売前のモデルの機能について否定的な見方を示すのは稀。

うーん、こればっかりは実際に使ってみないと分かりません。

また、もちろん慣れの問題という部分もあるとは思いますが、確かに直感的にはこのFace IDはTouch IDによる指紋認証よる速く顔認証を行えるとは思えません。

iPhone 8/8 PlusとiPhone Xを比べると外観やスペックではおそらくiPhone Xに惹かれるユーザーが多いとは思いますが、発売後のこのFace IDの評判次第では意外とiPhone 8/8 Plusの方が人気、なんてこともあるのかもしれませんね。

 - iOS 11, iPhone 7, iPhone 8, iPhone 8 Plus, iPhone X, 新型iPhone・次期iPhone