全てノッチ仕様、5.8、6.1、6.5インチ、3つの2018年版iPhoneのフロントパネルがリーク

例年通りならば9月上旬に発表・リリースされるはずの2018年版iPhone

機種名についてはiPhone X PlusやiPhone 9、iPhone X 2018など、まだはっきりとしたことは不明ですが、これまでの情報ではスペックレンジおよびサイズの異なる3つのiPhoneがリリースされる可能性が高いと言われています。

そんな中、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3つのディスプレイサイズのiPhoneのフロントパネル部分の画像がリークされていました。

1枚めの画像だけをみると3モデルともフロントもデュアルカメラ?と一瞬思ってしまうのですが、iPhoneのフロントパネルはiPhone Xから?二重構造になっているようで、穴の数のことなる2枚の画像があるのはそのためだと思われます。

ただ、3モデルとも切り欠き(ノッチ)デザインになることは確実。

また、よーく見ると中央の6.1インチモデルだけベゼルが太くなっており、このことから先の情報通りこの6.1インチモデルがLCD搭載の廉価版iPhone Xではないかと思われます。