iPhone SE、iPhone 6sとの比較で大きく劣る点はタッチIDセンサー。2世代前のiPhone 5sのものを搭載

201603221443

昨日正式発表された4インチのiPhone SE。

スペック的にはiPhone 6sと同じで価格がかなり安いということで、個人的にはジワジワと人気がでてくるかな?などと勝手に予想しています。

ただこのiPhone SE、一点、iPhone 6sと比較して大きく劣る部分があることが判明しました。

phoneArenaが伝えたもので、これによると、iPhone SEにはiPhone 5sと同じ2世代前のTouch IDセンサーが搭載されているとのこと。

iPhone 5sとiPhone 6、あるいはiPhone 5sとiPhone 6sの使ったたことがある方はご存知だと思いますが、両者の間では体感レベルでタッチIDの速度と精度にかなり大きな差があります。

また、iPhone 6とiPhone 6sのタッチIDでさえも、6s発売直後はかなり認識速度に違いがあると話題になりました。

たかがタッチID、されどタッチID。1世代前ならともかく、2世代前のセンサーというのはちょっとガッカリな点ですね。

まあ、価格だけ大幅に安くなってスペックはそのまま、というわけにはいかない部分もあると思うので仕方のないことではありますが、購入を検討中の方は知っておいたほうが良さそうです。

コメント

  1. touchIDに関して、SEが第1世代ということで6sや6よりも劣るというような記載ですが、6は第1世代touchIDなので、この部分に関してはSEが6と同等であると思われます。