iPhone SEの前評判、最大の長所はiPhone 6s以上のバッテリー持ちか。ウェブブラウジング10時間可能-WSJレビュー

201603241619

先日正式発表されたiPhone SE。

すでに予約を済ませた方もいるのではないでしょうか?

そんなiPhone SE、前評判としてはバッテリー持ちの良さが最大の長所と言えそうです。

ウォール・ストリート・ジャーナルが掲載していたiPhone SEの発売前レビューでは、バッテリー持ちの良さが強調されており、

standout news is battery life. Unlike many other recent Apple products, the iPhone SE’s is a significant improvement over its predecessors’. In my lab stress test, which cycles through websites with uniform screen brightness, the SE lasted 10 hours—more than two hours longer than both the iPhone 6s and iPhone 5s, and nearly three hours longer than the Galaxy S7.

大きなニュースは過去モデルと比べてバッテリー持ちが大きく向上したこと。一定の画面輝度で行ったウェブブラウジングのラボテストでは、iPhone SEは10時間の連続使用が可能。iPhone 6sやiPhone 5sより2時間、Galaxy S7よりも3時間も電池持ちが良いという結果が出た。

といったレビュー内容です。

変わり映えのないデザインについては辛口な評価をしている一方で、電池持ちはかなり期待できそうですね。

確かにスペック上でもiPhone SEはインターネット利用時の電池持ちが:

3G: 最大12時間
4G LTE: 最大13時間
Wi-Fi: 最大13時間

となっています。

一方、iPhone 6sは:

3G: 最大10時間
4G LTE: 最大10時間
Wi-Fi: 最大11時間

となっているので、ほぼスペック通り、電池持ちがかなり良いと言えそうです。