iPhone SEで尿液晶問題?一部でディスプレイが黄ばんでいるとの報告。画面の「接着剤」が原因?

先日リリースされた4インチの「iPhone SE」。

極度の品薄状態ですでに入手したという方は一部だとは思いますが、ちょっと気になる問題報告が挙がってきています。

具体的にはディスプレイが異常に黄ばんでいるというもので、価格.com海外でも複数の症例報告が出ています。

俗にいう「尿液晶」で、以下の画像のようにディスプレイ全体ではなく、特に画面の上部のみが黄ばんでいるという場合が多い模様。

201604050921

私も店頭で何台かiPhone SEとiPhone 6sを見比べてみましたが、確かにiPhone SEは色温度が低く見えました。

また、その黄ばみが一律ではなく、ムラのある個体もありました。

ただ、こちらの動画によると、この黄ばみは発売直後によく見られる症状で、ディスプレイの「接着剤」が乾ききっていないことが原因だとのこと。

よって、日が経つにつれてこの黄ばみは徐々に緩和されるとのことです。

画面の黄ばみはiPhoneの他モデルや一部Android機種でも珍しい報告ではありません。

ただ、今後も報告が増え続けるようだと何らの別の原因がある可能性もあるので、ちょっと注意をした方が良さそうです。