iPhoneでカレンダーに「レイバン」や中国語の怪しいスパム広告が届く事例が急増中。対処法アリ

201611100941

ここ1週間くらいでしょうか、複数のiPhoneユーザーの「カレンダー」アプリに見慣れないイベントが勝手に追加されているという事例が報告されています。

報告が非常に多いのは中国語での意味不明なスパム広告。

場合によっては毎日の予定がこのスパム・イベントで埋め尽くされていしまうという例も発生しているようです。

このイベント招待広告スパム、どうやらiCloudとカレンダーの連携が原因の模様。

iCoudカレンダーの仕様上、スパム広告の送り手がメールアドレス(アップルID)を知っていて、そのアドレスがたまたまiCloudと紐付けされていればそのユーザーのカレンダーに勝手にイベント予定を入れることができてしまうということだと思います。
(詳しくはこちらの記事が非常に参考になります)

とりあえず、対処法としてはは[設定]→[iCloud]→[カレンダー]→[オフ]にすることでこれらのイベントは表示されなくなります。

ただ、これはiCloudカレンダーを使用している人にとっては非常に不便。

アップルID(メールアドレス)基本的には公開情報なのでやり方によっては誰でも入手が可能。それを使えばカレンダーに勝手に予定を入れられる、というのはアップルにしてはちょっとお粗末なセキュリティのような気もします。

なんとか対策をしてほしいですね。

ちなみに海外ではサングラスの「レイバン」のイベント広告がカレンダー上に表示されるというケースが多発しており、これも同様の経路でのスパムだと思われます。