【危険】 iPhoneを永久文鎮化する恐怖の日付設定バグが発見

201602111443

iPhoneで端末が永久に文鎮化するかなり怖いバグが発見された模様です。

具体的には、iPhoneの日付を手動で1970年1月1日に変更すると端末が一切立ち上がらなくなる、というもの

方法は:

1.「設定」アプリ→「一般」→「日付と時刻」→「自動設定」をオフに切り替え
2.日付を1970年1月1日に変更
(2002年くらいまでひたすらダイヤルをスワイプダウンすると止まるので、一旦「日付と時刻」に戻り、1970年まで同じ動作を繰り返す)
3. 再起動

これを行うと、再起動時にアップルロゴが出た状態で立ち上がらなくなるそうです。

またDFUモードでTunesと接続することで、とりあえずiTunes側に認識はされるものの、修復はできないとのこと。

つまり、一旦この状態になると現状では復元不可能な永久文鎮化するようです。

ちなみにこのバグ、最新のiOS 9.2.1はもちろん、iOS 8から9.3 beta 3で発生しているとのこと。

よって、iOS 8以降を搭載したiPhone 4からiPhone 6s/6s Plusまですべてが対象、ということのようです。

まあ、どう誤操作をしても日付を1970年に誤って設定してしまうということはないとは思うので、そういった意味では心配は無用です。

ただ、一旦やってしまうと取り返しの付かない事になるようなので、バグとしては非常に深刻だと思います。

なお、このバグの有無、私はまだ試していません。

というか、今後試してみる気もありませんが。。。

どうなっても良いiPhoneがある方(いないか・・・)はあくまで自己責任でお試しください。