「タップ10連打」、iPhoneの動作が遅い時、Appストアでアプリのアップデートができない時の不思議な直し方

201601011307

iPhoneでなんとなく全体の動作が動きが遅くなったり、カクつくようになったり、という経験のあるユーザーは多いと思います。

一般的には再起動や強制再起動といった方法が対処法としてしられていますが、これ以外にもちょっと不思議な、でも非常に簡単な改善方法があるようです。

ちなみにこの方法は、端末全体の動作だけでなく、Appストアでアプリがアップデートできない場合や、ダウンロードが終わらないといった症状にも効果的なようです。

iPhoneのもたつき、Appストア不具合の改善方法:

1.App Storeアプリを開く

2.画面下のアイコン、「おすすめ」、「ランキング」、「コンテンツ」、「検索」、「アップデート」のどれでも構わないので10回連続でタップ

3.一瞬画面が空白になり、しばらくするとその押したアイコンのページが表示されます。

私はとくにiPhoneが遅いと感じていたわけでもなく、アプリのアップデート・ダウンロードにも問題は発生していなかったのですが、一応「おすすめ」も10回押して見たところ、確かに若干動作は速くなったよう気はします。

はっきりとしたカラクリは分かりませんが、これにより、App Storeアプリのキャッシュが削除されることにより端末全体の動きが改善したり、アプリのアップデート・プロセスで発生している何らかのグリッチが解消されるのではないかと思われます。

効果についはバラつきがあるようですが、1分もかかわらない作業なので一度試してみる価値はあると思います。

ちなみにこのトリック、iTunesストアアプリでも効果があるようなので、端末全体の動作改善をしたい際は両方試すと良いかもしれません。