この発想はなかった! iPhoneでホーム画面上のアプリを早く見つける配置方法

iPhoneのホーム画面上のアプリ・アイコン。

使用アプリの数が増えるにつれ整理整頓が難しくなり、使いたいアプリがすぐに見つからない、なんて方も結構いるのではないでしょうか。

また、いざきちんと整理して配置しようと思い立っても、あーでもない、こーでもないと時間だけ費やして結局ぐちゃぐちゃで放置というケースも。
(ハイ、私です)

そんな中、Reddit上のユーザーが非常に斬新というか、新鮮なiPhoneのホーム画面上アイコンの配置方法を紹介していました。

201602041433

要は、各アプリ・アイコンのおおまかな「色合い」で分けると言うもの。

また、オレンジや紫などの中間色は赤と黄色、青と赤の間などにグラデーション状に配置しているようです。

なるほど。この発想はありませんでした。

私はiPhoneでもAndroidでもフォルダーをいくつか作り、かなり適当に「動画系」「メッセージ系」「音楽系」とエリア分けしていました。

例えばLINEならば「緑系」YoutubeやGoogle+、Gmailなどは「赤系」FacebookやSkype、Dropboxは青系となっています。

また、これらのアプリはよほどのことがない限り、今後アイコンデザインが変わってもカラーテーマが大きく変わることはないと思われます。

私も早速Android端末でやってみましたが、まだ変更後まもないので実際の使用感についてはもう少し時間が必要です。

ただ、一つ確実なのは、自分が思っているよりも無意識に記憶しているアプリの「色合い」は正確という点。

そういった意味で、このホーム画面上のアプリの整理方法はかなり直感的かつ効率的、そして見た目的にも良いので、是非、ヒマなときにでもお試しください。