iPhone 8は全面ガラスの「3Dガラス」仕様に!? レンダリング画像がリーク

今年秋にリリースされる新型iPhone、「iPhone 8」のものとされるレンダリング画像がリークされていました。

201701142011

噂通り、指紋認証センサー/ホームボタンはディスプレイに埋め込み式になる模様。

201701142011

ただ、フロントカメラが見当たりませんね。

201701142012

ピンク色?のフレームのようなものを両面ガラスで挟み込んだような形になっています。

また、スピーカーやマイクでしょうか。端末下部側面に4つの横長の凹みがあり従来のiPhoneシリーズとはかなり異なるデザインになっています。

201701142014

左側面からの画像だと思いますが、ボリュームボタンらしきものがあり、かなりシンプルになっています。

201701142015

右側面からみるとシムトレーと思われる部分も。

ちなみにソースによるとこのiPhone 8は3Dガラス仕様になるとのこと。

ディスプレイのガラス部分が端末縁にかけてカーブした仕様は「2.5Dガラス」と呼ばれており、多くのAndroidフラッグシップモデルはこの仕様になっています。

一方「3Dガラス」はボディ全体がガラスで覆われる状態の事を指していると思われます。

確かに以前より次期iPhoneの裏面がガラス製になるという噂はチラホラ見かけますが、全面がガラスで覆われているというのは初耳。

なお、いままでもiPhone 8の非公式コンセプト画像は数多く発見されていますが、今回のものがどういった画像なのかは不明。

ただ、発売まで半年以上ある未発表モデルの公式レンダリング画像が現時点でリークされる可能性はかなり低く、信憑性は低いと言わざる得ません。