iPhone 7 Plusの電池容量、実は6s Plus以下の2675mAh。分解画像が早くも登場。

201609151219

本日発売となるiPhone 7およびiPhone 7 Plus。

ご存知のように、AppleはiPhoneのバッテリー容量は公式には公表していません。

ただ、これら新型iPhoneのバッテリー容量はTENAAに掲載された情報からiPhone 7が1960mAh、iPhone 7 Plusが2900mAhで前モデルのiPhone 6s/6s Plusから増量されている、とされています。

しかし今回、少なくともiPhone 7 Plusについてはバッテリー容量が減量されている可能性が濃厚になってきました。

iPhone 7 Plusの分解画像から明らかになったもので、バッテリーに記載されている電力量(kWh)と電圧(V)からバッテリー容量を算出したところ、実際のiPhone 7 Plusの電池容量は2675mAh程度になるとのこと。

7-plus-battery

つまり、iPhone 6s Plusの2750mAhからは75mAhほど、また、TENAA記載のiPhone 7 Plusの電池容量からは225mAhも少なくなっているということになります。

非公式な「仕様上」の表記と、バッテリー記載のKWhとボルトから算出したバッテリー容量、どちらの信ぴょう性が高いかは微妙なところだと思います。

ただ、実際に200mAh以上の電池容量差があるとすると、これはかなり実使用での電池持ちにも影響が出ると思われるので、非常に気になりますね。