iPhone 6sの発売は8月に前倒し。サプライヤーからのパーツ供給順調で。

201505181205
9月中旬の発売が慣例となっている新型iPhoneですが、今年発売される予定の「iPhone 6s」については、例年よりも早くリリースされる可能性が高まってきました。

gforgamesが中国系ソースを元に伝えたもので、これによると、iPhone 6sの発売時期は8月に前倒しされる見込みだとのこと。

iPhone 6sのサプライヤーによる部品生産が予定よりも早く進んでおり、予定よりも早く十分な部品供給を確保できる見込みが立ったことが背景にあるようです。

iPhone 6s/6s Plusでは、新たに搭載されるフォースタッチ機能対応のディスプレイコンポーネントが供給のネックになると言われていますが、このパーツについても順調に生産が進んでいるということでしょうか。

また、アップルからサプライヤーへの部品発注量も過去最大になっていると伝えられており、同社がiPhone 6以上の売り上げを予想している模様です。

そういえば、毎年iPhoneとほぼ同時期に発売されるGalaxy Note 5についても、リリース時期が早ければ7月末になるという噂もあります。

偶然なのか、お互いを意識してなのかは不明ですが、例年よりも早いフラッグシップモデル商戦が始まりそうですね。