スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

iPhone 6sの突然電源落ち不具合、原因はバッテリー製造過程での「空気」と判明。アップルが原因を公表。

   


一部のiPhone 6sで発生しているバッテリー残量があるのにも関わらず突然の電源が落ちるという問題。

201612021533

アップルは2週間ほど前より該当端末を対象にバッテリーの無償交換プログラムを提供していますが、この一連の不具合についてアップルが公式な原因説明を行ったようです。

We found that a small number of iPhone 6s devices made in September and October 2015 contained a battery component that was exposed to controlled ambient air longer than it should have been before being assembled into battery packs. As a result, these batteries degrade faster than a normal battery and cause unexpected shutdowns to occur. It’s important to note, this is not a safety issue.

要約・要訳すると、iPhone 6sの突然の電源落ち問題の原因はバッテリーの製造過程で電池内部がパッキングされる前に長い時間空気と触れてしまい、結果的にバッテリーの寿命が短くなってしまった、ということ。

また、これによる安全面での問題はないとのことです。


つまり、シャットダウンの直接的な原因はバッテリーの寿命。ただ、バッテリーの寿命が異常に短いのは製造過程でのミスが原因、ということですね。

一応、ちゃんと原因究明を行い、それを公表したという点ではさすがアップルと言った感じ。

ただ、まだこの問題は完全には解決していないようです。

昨日、iPhoneで大量発生している電池残量があるのに電源が突然落ちるという問題について、中国の消費者協会が6sの他のロットおよびiPhone 6/6 Plusなどでも発生しているとし、再調査の要請をしたという件についてお伝えしましたが、ひょっとするとiPhone 6や6 Plusなど、交換対象以外の個体でも同様の原因で同症状がでているのかもしれませんね。

ソース

 - iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone 7, バッテリー異常消費, 不具合, 落ちる・強制終了, 電池持ち