iPhone 6s Plus (ゴールド)のフレームパネル画像が初流出。6 Plusより強固でザラつく表面加工

201507171214
9月に発売される予定の「iPhone 6s Plus」のフレームパネルの画像がリークされました。

見た目的にはiPhone 6 Plusとほとんど見分けがつきませんが、一番の相違点は、ネジ穴の位置。

以下の画像がiPhone 6s Plus(左)とiPhone 6 Plus(右)を比較したもの。

201507171215

端末右下のスクリュー穴の位置がiPhone 6s Plusのもののほうが高い位置にあることがわかります。

このことから、少なくともスピーカーモジュールはiPhone 6 Plusとは異なるものが搭載される可能性が高いとのこと。

また、色についてはiPhone 6 Plusと全く同じながら、材質についてはiPhone 6s Plusの方がざらつきがあり、より頑丈な作りになっているのことです。

iPhone 6 Plusでは発売直後から”bendgate”という、端末が簡単に曲がってしまうという問題が話題になりましたが、おそらくこれを防ぐために強固な材質を使っているのかもしれませんね。

コメント

  1. たか より:

    あの線はなんとかならないのか