iPhone 6s Plus、一部でバックライト欠陥の可能性。特定位置に黒ずみ

201509281209

先日リリースされたiPhone 6s Plusの一部端末でディスプレイの不具合の疑いが出てきました。

具体的にはスクリーンの特定位置に黒ずんだ暗い部分があるというもの。

冒頭の画像は明らかに初期不良なので、全くの別問題である可能性もありますが、他の画像に関しては同じ位置に黒っぽい部分があるのが分かります。

201509281224

201509281225

201509281226

こういう問題は「不具合」か「仕様の範囲」が微妙なので厄介ですね。

程度に個体差があるようにも見えますが、この黒ずみの発生箇所としてはディスプレイ上部の端や下部の両側のエッジあたりが多いようです。

iPhone 6s Plusではバックライトの製造に問題が発覚し、供給が遅れているとの報道もありました。

ひょっとするとその問題とは正常上の欠陥で初期ロットではこれに対する対策がされていない可能性もあります。

不具合かどうかは別にして、気になる・気にならないは個人差の問題もあり、こういった症状は一旦気になりだすとどんどんそれが強くなる傾向があります。

よって、購入の際にちゃんとチェックをしてあとで後悔しないようにしましょう。

この症状、iPhone 6sでの報告は皆無なので、iPhone 6s Plus特定の症状である可能性が濃厚です。

コメント

  1. k より:

    正常上?
    製造上?

  2. 祥汰 より:

    12月2日にiPhone6sを購入したのですが画面左上の側面(マナーモードスイッチ辺り)が暗いです
    おそらくiPhone6sでもこの症状があるのではないかと思います