iPhoneでも爆発問題発生か。アップル、iPhone 6 Plusで2度の爆発事故を受け調査開始

201610101346

「スマホの爆発」と言えばまさにサムスンのGalaxy Note 7が「渦中のスマホ」といった感じ。

しかし、一部iPhoneでも同様の爆春・炎上事故が起きているようで、これに対しAppleはすでに調査を始めているようです。

BGRが伝えたもので、ここ最近でiPhone 6 Plusから発火するという事故が少なくとも2件発生しているとのこと。起きた2件の爆発・炎上報告を受けたものだとのこと。

一つは米国ニュージャージー州の大学生が授業中にポケットに入れていたiPhone 6 Plusが発煙、炎上するという事件。

この際はバッテリー残量はゼロで電源は落ちている状態だったとのこと。

もう一件はカルフォルニア州の女性のiPhone 6 Plusが就寝中に突然発火。この際、端末は充電中だったようです。

いずれの事故も大事には至らなかったのが不幸中の幸いですが、すでにアップルはこれらの事故報告を受けて調査委を開始しているとのことです。

iPhone 6 Plusは2年近く前の機種なのである程度バッテリーの劣化などは進んでいると思われます。

それでも劣化が発火の原因になるとは考えにくく、やはりGalaxy Note 7同様になにか構造的な欠陥がある可能性も否定できませんね。