アップル、iOS9の「データ喰い虫」、WiFiアシストについて説明。「バックグラウンドでは作動しない」

201510150839

iOS 9アップデートで搭載された新機能、Wi-Fi アシスト。

ご存知のように、これはWiFi接続中にその接続が不安定になった際に、通信をデータ通信に自動的に切り替える、というもの。

一見便利ですが、この機能、何も知らずにオンにしているといつの間にか膨大なデータ使用量になっているなんてこともあり、評判としてはイマイチです。

さて、そんなWiFiアシストですが、この機能についてアップルが初めて説明ページを掲載しました。

要点としては:

・WiFiアシストはローミング中はモバイルデータ通信に自動的に切り替えない

・Wi-Fiアシストはフォアグラウンド(画面上)でアプリが動作している時のみ作動し、バックグラウンドでコンテンツをダウンロードされる際にはアクティベートされない

・Wi-Fiアシストは大量のデータを使用する可能性のあるオーディオや動画をストリーミングしたり添付ファイルをダウンロードするメールアプリなどの一部の第三者アプリでは作動しない

要は、WiFiアシストはユーザーが意識して「使っている」アプリ以外では勝手にモバイルデータに切り替えをする、ということはないようです。

よって、その「使用中」アプリで注意をすれば、いつの間にかモバイルデータ使用量が制限超え、なんてことも避けられそうです。