iOS 9ではアプデの際のストレージ不足が解決。アプリを一時的に消去する機能が追加

本日リリースされたiOS 9のBeta 2に新たな機能の搭載が確認されたようです。

この新機能、アップデートの際に端末のデータストレージを管理する機能で、バージョンアップの際に空き容量が足りないと以下の様なポップアップが出現。

201506231521

メッセージ内容は、一時的にアプリの消去を促してOSバーションアップのためのスペースを確保。
そしてアプデ終了後にそれらのアプリを復元する、というもの。

iOS 8のアップデートでは16GBなどのストレージ容量が小さいモデルで容量不足によりアップデートができないという事態が複数報告されていました。

この新機能はこういった不満に対処するためのものだと思いますが、ユーザーの声を聞いたなかなかよい対処だと思います。