iOS 9、iOS 8からのOTAアップデート限定のカクつき・もたつき不具合がある模様。

201509172138

昨日提供が開始されたiOS 9アップデート。

iOS 8の時のような異常な数の発熱やバッテリドレイン報告もなく、そういった意味で今のところの評価は上々といったところだと思います。

ただ、ネット上の報告を見ると、アップデート後に端末がカクつく、動きがもたつく、遅いといった声が複数挙がっています。

これ、てっきり、未対応アプリやアップデート直後の最適化が原因と思っていたのですが、それだけが原因ではないようです。

というのも、この症状、海外でも多くの報告がっており、Redditユーザーによる検証が行われていました。

これによると、この動作が異常に遅くなるという症状、全てのiOS9アップデート端末で発生するわけではなく、特定の条件がある模様。

その条件というのが、

iPhone 5sやiPhone 6で、iOS 8.xからOTAアップデートを行った場合のみに発生

とのこと。

ただ、iPhone 5s/6はiPhoneユーザーの大半を占めていると思われ、それらのほとんどはiOS 8.4からOTA(WiFi経由)でiOS 9にアップデートしたと思われます。

よって、かなりの割合のiPhoneユーザーがこの条件に当てはまり、同様の症状が出ている可能性が高そうです。

、幸い対処・改善方法も紹介されており:

・電源ボタンとホームボタンの同時長押しによる端末の強制リセット(再起動)
・直らない場合は、iTunesでローカルに(iCloudはNG)バックアップを取り、復元
・それでも直らない場合は、端末の初期化
・また、iOS 8.4.1へ一旦戻し、iTunes経由でiOS9に再アップデート
・何度も端末の再起動を繰り返していると自然になるケースもあり

私はiTunes経由でアップデートをしたためか、カクつきやもたつきはなく、上記の方法の効果についての検証はできていませんが、お困りの方はぜひお試しください。

ただし、バックアップは忘れずに!!!