iOS 9はiPhone 4sもバージョンアップ対象に。ただし「軽量版」が提供される模様

201505241754
秋のiPhone 6s/6s Plusのリリースとともにバージョンアップが開始される予定の「iOS 9」。

この最新iOSアプデへの対象機種ですが、どうやら「iPhone 4s」もバージョンアップ提供対象になる可能性が高いようです。

iPhone 4sは現在の最新OS「iOS 8」が提供されているiPhoneシリーズの中では一番古い機種。
iOS 8のリリースではiPhone 4がバージョンアップ対象外になるなど、過去のパターンからAppleは最新OSのリリースの際、一番古いモデルへのバージョンアップを打ち切るというケースが多かったのですが、今回はちょっと事情が違うようですね。

ただ、こちらの記事によると、iPhone 4sに提供されるiOS 9は他の機種向けのOSとは異なる「軽量版」になるとのこと。

iOS 8はアップデート提供開始直後からメモリー不足が原因と思われるアプリや端末の再起動など、様々な不具合が報告されています。

一方、iOS 9については以前からシステムの安定性やパフォーマンスの向上,不具合やバグの修正に「莫大な重点」が置かれるとの報道があります。
そういった意味で、iPhone 4sなど、スペックが低い旧機種機種ほど、逆にiOS 9へのアップデートが必要なのかもしれませんね。