iOS 8.3、アップデート後にiPhoneのバッテリー持ち評価:悪化?改善?相変わらず?

201504171507
先日リリースされた最新iOSの「iOS 8.3」。
様々なバグ修正がリストアップされ、やっと安定版のiOS 8.xの登場かと期待されていたのですが、日が経つにつれ、様々な不具合も発覚してきているようです。

その中でも最も深刻かつ広範囲で不満の声があがっているのがバッテリー持ちの悪化について。
電池の以上消費はiOS 8以降、ほぼ毎回話題に上がるので、正直「またか」という感じもしますが、これについてRedmond Pieがユーザーにアンケートを行っていました。

201504171505

アップデートをしていないユーザーが結構いるので、アップデートをすでに行ったユーザーの回答だけで割合を再計算してみると、「改善した」との評価は約3割。
一方、電池持ちが悪化したとの声は27%程度ですが、「改善していない・変わらない」と答えたユーザーを含めると2/3以上を占めています。

つまり、iOS 8以降のiPhoneユーザーの最大の悩みであったバッテリードレイン問題は、ほとんどのケースで改善していない、もしくは悪化していると思います。