iOS 8.2でメールが送信できなくなる不具合。応急改善策あり

201503161300

先週リリースされたiOS 8.2へのバージョンアップですが、アップデート後にメールの送信ができなくなるという不具合が発生しているようです。

具体的には、連絡先からメールの送信相手を選び、プリインストールしてある純正メールアプリからメールを送信しようとしても「送信」ボタンがグレーのままで押すことができないという症状。

https://twitter.com/Dr_Looker/status/577325228629454848
複数の国内外のユーザーから報告が挙がっているので、iOS 8.2を搭載したiPhoneやiPadなど、全ての端末で発生しているバグのようです。
よって、根本的な改善には次期アップデートを待つしかないようですが、幸い、一時的な対処法はあるようです。

対処法は3つあり:

1. 新規メールから作成
送信ボタンが押せない症状は、連絡先からメールアプリを開いた時のみに発生しているようです。
よって、メールアプリからメールを作成し、宛先を入力した場合は問題なく送信できます。

2.宛先を一度削除して再入力
基本的には1の方法と同じなのですが、一度宛先をクリアして再入力するとことで、この不具合を回避できます。

3. メールアプリを再起動
この症状はバックグラウンドでアプリが開いている際に発生するようです。
よって、ホームボタンを二度押しして、マルチタスク画面からメールアプリを完全に閉じて再起動。
その上で連絡先からメールアプリを開けば、問題なく送信ができます。
ただ、この方法は一度しか使えず、2度目からはまた同じ症状が発生します。
よって、メール送信の度にアプリを閉じる必要があります。