iOS 8.4へのアップデート後に発生している不具合報告まとめ

201507041320

先日リリースされたiOS 8.4。

通常使用に致命的な被害を与えるような深刻な不具合はないようですが、細かな不具合・バグと思われる症状がいくつか報告されているのも事実。

備忘録も兼ねて、一旦まとめてみたいと思います。

なお、ここで紹介しているものはかなり広範囲で発生しているものから、ごく一部でしか発生していない個体差・環境差のものもあります。
よって、iOS 8.4にアップデートをすると必ず発生する訳ではない、ということは予めご了承ください。

通知音がならない

画面が回転しない

バッテリー異常消費・発熱

iOS 8.x自体、バッテリー持ちについての評判は芳しくありませんが、一部で今回のiOS 8.4アプデにより電池の消費が異常に早くなったという報告が相次いでいます。
この症状、どうやら原因は新たなサービス「Apple Music」にある模様。

LTE通信で音楽をストリーミングすれば、断続的にデータ通信をするわけで、電池消費が早くなるのはある意味当然です。

ただ、それも結局は程度の問題。

どこからを「異常」とするかの判断が難しいところですが、あまりにユーザーからの不満が多ければ「不具合」になると思います。

GPSが位置情報を取得しない・ズレる

以前、こちらの記事で紹介したGPS周りの不具合。

iOS 8.4ではBluetooth経由での外部GPS機器との接続不具合が改善された一方で、本体のGPS機能自体が正常に機能しなくなっているようです。

再起動や強制リセット、こちらの方法で改善するという報告もありますが、100%有効というわけではないようで、アップデートによる早急な修正を待ちたいですね。

Wi-Fi接続不具合

WiFiの接続が不安定、といったWiFi周りのトラブルはiOS 8以降のiPhoneでは慢性化しているので、今回の症状が新たに出たものなのか、今までのものが放置されているだけなのかは不明です。

iOS 8.3では改善報告も多く、一時は小康状態になっていたWi-Fi不具合、今回のiOS 8.4でまた報告が増加傾向にあるようです。

ただ、今回の症状は不思議とルーターのリセットで改善するという報告が多いのも事実。

お困りの方は一度お試しください。

アプリのアップデートができない

App Storeでアプリのアップデートが出来ないという症状。

この症状はサーバー側の問題で発生することもあり、確実にiOS 8.4アプデが原因とは言い切れませんが、ここ数日で報告が急増しているのは事実です。

ミュージックのプレイリスト・曲が消える・重複する

先日もお伝えしたこの症状。

どうやら、iCouldミュージックライブラリをオンにすることで、iTunesとiPhoneとの同期がiCloud経由となったことが一因らしいですが、はっきりとしたことは分かっていません。

iOS 8.4でiCloudミュージックライブラリを有効化した後に、iTunesを最新の12.2にアップデートをするとプレイリストや曲が消えたりする、という指摘もあります。

ただ、原因が何にしろ、この症状がでた場合は結局のところ、iTunesでライブラリを構築しなおしてiCloudと同期、その後iPhoneでも再同期という方法しか改善策はないようです。