iPhone 6sにはAndroid OSが搭載が決定。クック氏 「iOS 8.2の不具合が手に負えないため、この際、思い切ってみた」

201503310852
バッテリードレイン、WiFi接続不具合、文字入力のプチフリーズ、などなど、iOS 8以降、不具合報告の絶えないiOS。
この状況は最新のiOS 8.2でも大きな改善はみられず、アップルもとうとうあきらめモードになったようです。

というのも、アップルは今後、iPhoneやiPad、iPodなどに搭載されるOSを「iOS」から「Android OS」へ移行されることが決定したとのこと。
AF通信によるインタービュー内で明らかにしたもので、同社CEOは以下のようにコメント:

「iOS 8のリリース以降、私達は異常バッテリー消費やWiFi不具合の改善に必死に取り組んできましたが、修正アップデートの度に『ミイラ取りがミイラに』状態で、不具合は増える一方。
正直、どうしていいか分からなくなったので、この際、思い切ってAndroidに乗り換えることにしました。ちなみに私のiPhoneにはAndroid 2.1が搭載されています。

ただ、この変更は今年秋にリリースされるiPhone 6sや6s Plus、6cに搭載されるOSからとなり、iPhone 6や5sなどは、現在のiOS 8.2のまま放置されるとのこと。
同社はこれについて「これによって、iPhoneの買い替えがより促進され、iPhone 6以上の売上が期待できる」と次期株主総会にも自信を持っている様子。

なお、移行後のAndroid OSは「Android 2.3 Gingerbread (ジンジャ-ブレッド)」となり、来年中には「Android 4.0」へのOTAアップデートを開始するとのこと。
あえて古いAndroid OSを搭載することについては。「アンドロイドを一から勉強して出直したい」という同社の熱い思いがある模様です。

ちょっと前まで、Android OSといえば、その自由度の高さとは裏腹に不安定な部分が多かったのですが、最近ではむしろiOSのほうがアップデートの度に様々な不具合を生み出しているようです。
「iPhone自体は好きだがiOSがイヤ」というユーザーも相当数いるようなので、今回のアップルの動きは英断といえるのではないでしょうか。

まさか本気にする方はいないと思いますが、念のため。
*この記事はエイプリルフール用の完全なガセネタです。