スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

iOS 11でWiFiが勝手にオンになる・切れないトラブルの報告。不具合ではなく仕様変更が原因

      2017/09/21


201709200846

本日未明にリリースされたアップルの最新OS、iOS 11。

ネット上のiPhoneユーザーの報告を見ている限り、これといった致命的な不具合報告などはまだ挙がっておらず、全体的な評価は上々といった感じのようですね。

ただ、国内外のユーザーよりWiFi周りのトラブル報告が多数あがっています。

具体的にはWi-Fi接続をオフにしても勝手にオンになる、繋がるといった報告。

これ、ちょっと調べてみた所、不具合ではななくiOS 11からの仕様変更によるもののようです。

iOS 10以前のiPhoneではコントロールセンターからWiFiのオフ・オンができていましたが、iOS11からはこれができなくなっています。


つまり、iOS11ではコントロールセンターのWiFiボタンをタップしてもWiFi機能自体がオフになるわけではなく、WiFiが「未接続」状態になるだけ。そのため、新たに接続先が見つかるとまた勝手に繋がるようです。

よって、WiFi機能を完全にオフにするには「設定」>「Wi-Fi」からオフにする必要があります。

ちなみにコントロール・センターのWiFiアイコンが↓の場合はWiFiが完全にオフの状態
201709200840

↓の場合は未接続
201709200841

↓の場合は繋がっている状態を示しています。
201709200842

ちなみにこれはBluetoothでも全く同じように仕様が変わっているとのこと。

個人的にはかなり不便な仕様変更だと思いますが、何か理由でもあるのでしょうか。

関連記事:iOS 11アップデート後にバッテリー異常消費が大量発生、原因はWiFi&BTの接続仕様変更か

 - Bluetooth接続不具合, iOS, iOS 11, iPhone, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 7, WiFi接続不具合, アップデート, 不具合, 改善方法・対処法・直し方, 評価