iOS 11でWiFiが勝手にオンになる・切れないトラブルの報告。不具合ではなく仕様変更が原因

201709200846

本日未明にリリースされたアップルの最新OS、iOS 11。

ネット上のiPhoneユーザーの報告を見ている限り、これといった致命的な不具合報告などはまだ挙がっておらず、全体的な評価は上々といった感じのようですね。

ただ、国内外のユーザーよりWiFi周りのトラブル報告が多数あがっています。

具体的にはWi-Fi接続をオフにしても勝手にオンになる、繋がるといった報告。

これ、ちょっと調べてみた所、不具合ではななくiOS 11からの仕様変更によるもののようです。

iOS 10以前のiPhoneではコントロールセンターからWiFiのオフ・オンができていましたが、iOS11からはこれができなくなっています。

つまり、iOS11ではコントロールセンターのWiFiボタンをタップしてもWiFi機能自体がオフになるわけではなく、WiFiが「未接続」状態になるだけ。そのため、新たに接続先が見つかるとまた勝手に繋がるようです。

よって、WiFi機能を完全にオフにするには「設定」>「Wi-Fi」からオフにする必要があります。

ちなみにコントロール・センターのWiFiアイコンが↓の場合はWiFiが完全にオフの状態
201709200840

↓の場合は未接続
201709200841

↓の場合は繋がっている状態を示しています。
201709200842

ちなみにこれはBluetoothでも全く同じように仕様が変わっているとのこと。

個人的にはかなり不便な仕様変更だと思いますが、何か理由でもあるのでしょうか。

関連記事:iOS 11アップデート後にバッテリー異常消費が大量発生、原因はWiFi&BTの接続仕様変更か

コメント

  1. ゆう より:

    不便ですか?
    自分はいいと思います。
    iOSは接続可能なwifiが近くにあると画面に表示出してきますが、
    あれ、邪魔だったんで。
    必要なwifiだけ接続・未接続になるなら歓迎します。
    まぁ、androidを追いかけてるだけかもしれませんけど。

    • れふ より:

      OFFに出来ないと常にWi-Fiの電波を探すのでバッテリーをすごく消費してしまうんですよ。
      因みに邪魔と仰られている、表示されてしまう画面はWi-Fiの設定画面にある[接続を確認]を無効にすることで表示されなくなりますよ。

      • ゆう より:

        表示されなくなる情報はありがとうございます。
        ただ、バッテリーに関しては気になるほど、バッテリーの消費はないので、
        使わないだけだからかと。
        会社のiPhoneなので、そこ以外気にしません。
        普段使いがandroidなので、もう少し使いやすくなって欲しいです。

  2. エレキ より:

    インターネット共有も似たような仕様でしたよ

  3. ???? より:

    不便ですね。
    自分は普段Wi-Fiにつながる環境ではないので電池節約ためWi-Fiをオフで使っています。
    オンにするのはほぼバックアップでMacに繋げる時だけ(iCloudはWi-Fi接続時にバックアップを取るから)。
    なのでコントロールセンターでオンオフできるのは良かった。
    今はいちいちロック解除して設定タップしてから進まなければならない。

  4. 岡田 より:

    バッテリー消費の問題しか取り上げられてないですが、少し歩いただけでも結構怪しいwi-fiが見つかるご時勢で、コントロールセンタでoffにしただけではwi-fiに勝手につなぎにいってしまうこの仕様は改悪というより害悪でしかないと思います。
    悪いことしようと思う人からしたらウッハウハでしょうね。

  5. より:

    どう考えても不敏
    コントロールセンターで
    スタンバイ/オン/オフ
    やればいい事

    不憫じゃない奴
    情弱なだけ