iOS 9.2.1、アップデート後にiCloudバックアップができない不具合が発生・再発・放置?。アップルも認識の模様

201601231225

先日提供された最新iOSバージョン、「iOS 9.2.1」。

マイナーバージョンアップということで、良くも悪くも大きな変化はないようですが、一点、iCloud周りに不具合が発生(あるいは放置)されているようです。

具体的には、iOS 9.2.1アップデート後にiCloudでのバックアップができなくなる、というもの。

「バックアップできませんでした」というメッセージが出て、原因は少なくとも容量不足などではない模様です

海外のApple公式フォーラムを始め、複数の報告が挙がっています。

https://twitter.com/lun2lumpen/status/689638786091773952/photo/1

大きく分けると3つのケースがあるようで:

① iOS 9.2以前からiCloudバックアップができず、今回のiOS 9.2.1でも問題が改善されていない

② iOS 9.2(もしくはiOS 9.1?)以前は問題なかったが、iOS 9.2.1にアップデート後にバックアップができなくなった

③iOS 9.1以前に発生したが、9.2で一旦改善。しかし、iOS 9.2.1で再発

ただ、報告から総合的に判断すると、iOS 9.2.1アプデがトリガーとなって新たに問題が発生(あるいは再発)したケースが圧倒的におおいので、やはり、iOS9.2.1で何らかの新たなバグが発生している可能性が高いと思われます。

また、iOS 9.2.1で問題が改善したという報告はほぼ皆無なので、すくなくともこの不具合、悪化はしていても良くなっていはいないようです。

一方、この問題、フォーラム上のユーザーによるとアップル側も問題を認識しているとのこと。

ただ、今回の件は別にしてもiCloudへのバックアップは元々あまり信頼性が高くありません。

なので、やはり絶対に失いたくないデータなどがある場合はPCのiTunes経由でバックアップをするしかなさそうですね。

コメント

  1. LSCIS より:

    クラウドなんて信用しちゃいかんな。
    ユーザーが多くなりすぎて、対処できなくなってきてるな。