iOS 9の「WiFiアシスト」は逆効果?システムやWiFi接続が不安定になるとの報告

201509281037

iOS 9で搭載された新機能、「Wi-Fiアシスト」。

WiFiの電波が弱かったり不安定な際にモバイルデータに自動的に切り替えるという機能ですが、はっきり言ってこの機能、あまり役に立たないようです。

というか、どちらかと言うとマイナス面の方が多いという印象を受けます。

まず、このWiFiアシスト機能、オンにしていると知らないうちにWiFi→データ通信に切り替わっていて、データ通信が莫大な量になるという危険性についてはご存知だと思います。

ただ、この機能の問題点はこれだけでなく、

iOS 9アップデート後に動作が重くなったりカクつくといった症状の原因の一つがこのWi-Fiアシストである可能性が高い模様。

これはおそらくWiFiからデータ通信に切り替えがされる際になんらかのグリッチがあるということだと思いますが、海外フォラムなどでは複数のユーザーが指摘をしているようです。

また、この機能の問題点はそれだけでなく、WiFi通信そのものを不安定にするという問題も抱えているようです。

つまり、このWiFiアシストは不安定なWiFi通信をデータに切り替えるというよりも、WiFi通信そのものを不安定にしてしまう可能性がある、ということですね。

iOS 8.xではWiFi接続が不安定なことが原因でサイトの読み込みが遅かったり、端末のバッテリー消費が増えたりという不具合報告がありました。

今回のこの新機能はそういった問題解消のための対策だとは思いますが、今のところ、むしろ逆効果になってしまっている要素のほうが強いようですね。

よって、現状でこの機能をオフにしてもWiFiが安定している・オフにしたほうがWiFiが安定している、という場合はとりあえず切っておくのが無難だと思います。