iOS 8.3の評判、目立った不具合はないもののプチフリ不具合などは放置プレーの模様

201504081941
数時間前に提供が開始された「iOS 8.3」へのアップデート。

すさまじい数のバグ修正数ですが、今のところ、これといった深刻な不具合報告は挙がっておらず、バージョンアップをしたiPhoneユーザーなどからの評判はマズマズといったところのようです。

ただ、iOS 8.2へのアップデート後に報告が急増した文字入力の際にキーボードがプチフリーズする、モタつくといった遅延問題については改善していないようです。

完治はしていないが改善はした、という声もちらほら挙がっているので、少なくとも今回のバージョンアップが原因で悪化をしたということはないようです。

バッテリーの異常消費やWiFi接続関連の不具合については、まだアプデ直後のプラシーボ効果が大きいと思われるのでもう少し様子を見る必要があると思います。
ただ、特にこれらが劇的に悪化したという報告は皆無なので、そういった意味で今のところはiOS 8.3は「安全」なバージョンと言ってよいのではないかと思います。

それにしても、iOS 8.2は準メジャーアップデートだったのにもかかわらずかなり短命でしたね。

コメント

  1. ノスケ より:

    Wi-Fi まだ、ブチブチ切れる! Androidは、同環境同時間で、問題ないのに!