iOS 10.3 アプデ評判は久々の好評の模様、アプデ後に動作がサクサク、速くなったとの報告多数

201703271624

本日未明にリリースされた最新iOS、iOS 10.3。

このOSの目玉は何といってもファイルシステムソフトウェアがHFS+からその後継であるApple File System(APFS)に変更されたことですが、アップデート実施後のユーザー報告を見ている限り、このiOS 10.3、かなり評判は良いようです。

国内では時間帯が時間帯なのでまだ報告数が限定的ですが、致命的な不具合などこれといったネガティブな報告はまだほぼ皆無。

一方で、海外ではアップデート後に動作が目に見えて速くなった、スムーズになったという報告が大量に見られます。

特に海外ユーザーからはマルチタスク画面でのアプリの終了が顕著に速くなった、という報告を見かけます。

iOS 103はベータ版の段階からかなり動作が軽くなったという報告が多かったのですが、まさに期待通りのアップデートといったところのようです

もちろん、OSアップデート直後はキャッシュの削除により一時的に動作が軽くなることもあるので、すべてがこの10.3起因とは限りません。

が、それでもいつものアップデートよりも動きが快適になったという報告は圧倒的に多いです。

また、空き容量も3~5GB程度増えたという報告も複数見かけます。

まだアプデ開始直後なので今後の何らかの不具合報告などがでてくる可能性は否定できませんが、iOSの最新アップデートが提供直後からここまで評判が良いのはかなり久しぶりではないでしょうか。i

一方、iOS 10のリリース以来、評判がかなりよろしくないバッテリー持ちの変化についてはまだ不明。これについてはもう少し様子見が必要ですね。

関連記事:iOS 10.3アップデート、一部でキンドルの書籍が読めなくなる不具合-対処法あり