Huawei P9やhonor 8でバッテリー消費が異常に早い原因はキャリアアグリゲーション(CA)かも

201612121214

Huaweiのフラッグシップ、Huawei P9やhonor 8。

両モデルとも基本的なバッテリー持ち評価は良い方ですが、一部では電池消費が異常に早い、という報告もチラホラみられます。

バッテリーの異常消費は様々な原因が考えられますが、Huawei P9およびhonor 8に関しては「キャリアアグリゲーション」が原因かもしれません。

キャリアアグリゲーション(CA)とはLTEのバンドを2つ以上組み合わせて同時使用することで通信速度を上げるというもの。

Huawei P9やhonor 8などではこのCAをオン・オフする機能が備わっています。

私もちょっと前に好奇心からこのキャリアアグリゲーションの効果を見てみたいとONにしてから、そのまますっかり忘れていました。

ところが、最近P9の電池持ちがやたらと悪いのでちょっと調べていたところ、同様の症状と思われる投稿を発見。

書かれている通り、「設定」→「モバイルネットワーク」→「キャリアアグリゲーション」からCAをオフに戻したら異常なバッテリーの減りは改善されました。

これはおそらく端末がCA通信をしようと常時何らかのプロセスを行っていることが原因と思われます。

ちなみにこのバッテリー異常消費は先日リリースされたファームウェア・アップデートが原因という指摘もありますが、はっきりとしたことは不明。

ただ、キャリアアグリゲーションはまだ各キャリアとも発展途上の規格であることは確か。

そのため、利用可能な場所がかなり限定されており、現時点では通信速度アップによりメリットよりもバッテリー消費アップによるデメリットの方が大きいような気がします。

よって、通信速度に極端な違いが出て、速度が最優先!という場合でもない限りはオフにしておいたほうが良さそうです。