Huawei P20とP20 Plusのバッテリー容量はP10シリーズから増量、「Always On Display」も搭載

3月27日にパリで正式発表される予定のHuawei P20およびP20 Plus。

これら2モデルについて追加情報がリークされていました。

XDAが伝えたもので、これによるとHuawei P20のバッテリー容量は3320mAh、Huawei P20 Plusは4000mAhとのこと。

P10およびP10 Plusのバッテリー容量はそれぞれ3200mAhを3750mAhだったので、いずれもP20シリーズでは容量アップ、ということになります。

さらに興味深いのはHuawei P20 Plusには「Always On Display」機能が搭載されているという点。

この機能、正式には「常に情報を表示」という名前でファーウェイ機種ではHuawei Mate Proで初搭載されたもの。

ちなみにMate 10とMate 10 ProにはLCDと有機ELという大きな違いがあり、このAlways On Display機能が搭載されていたのはMate 10 Pro。

また、同機能はP20の方には搭載されていないようなので、Mate 10シリーズ同様にP20はLCD、P20 Plusは有機ELという可能性が高そうですね。

ソース