ファーウェイ初のAndroid Goブランド、Huawei Y5 Lite (2018)をリリースへ

ファーウェイが初めてAndroid Goブランドで新モデルをリリースするようです。

XDAが伝えたもので、この最新モデルはHuawei Y5 Lite という機種。

すでにFCCを通過しており、近々リリースされる模様です。

Android GoはGoogleのプロジェクト(ブランド?)の1つで、低機能な端末にもAndroid Oが搭載可能に。

発展途上国などをターゲットにしていると言われています。

そのため、想定している端末のメモリは512MB~1GBとかなり低スペック。

このAndroid Goは既存のAndroid Oneよりもさらに廉価なモデルなので、日本でリリースされる可能性は極めて低いと思われますが、サブ機に1台くらい欲しいような気もしますね。

コメント

  1. arrows man より:

    メモリ1GB未満でも8.0が動くのに、2GBあっても提供されないF-05J
    キャリアはスマホのスペックをとことん蝕んでるから仕方ないけれど。

  2. ぱぱ より:

    Android Go がもし消費電力少ないなら…むしろAndroid Wear版でもいいからそこそこ電池が持つサブ用の超コンパクトスマホを誰か作ってくれないですかね。